FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五号機考察 (3)

【ホールで打ってみた5号機】

フラっと立ち寄ったホールでブラブラしていると、ある台が目に止まりました。

その名も、『SEA MASTER 2』 

キングオブオーシャン、打ってみるしかないでしょ、とりあえず。

パネルに書いてある女の子に見覚えはありませんが、初代の演出とかあるのかなぁなんて想像しながら着席。

筐体に初代の面影は…ないですね(>_<)

説明書を読んでみると、どうやらAT機のようだ。

メインリールは写真の下側の部分で、上の液晶部分を見てれば何が揃ったのか分かるようである(ベルが揃ってますね)↓
シーマスター2-0




投資2Kで、ATに入り、どんどんゲーム数が上乗せされていく。

正直、わけがわからなかった。

気付くと、こんなにもコインがザクザク↓
シーマスター2-1





あー疲れたー  もう帰ろうと思ってたら…

クレジット内で、またATに当選し、さらにザクザクコイン↓
シーマスター2-2



説明書によると、上乗せ特化演出があるようでした。

その中で最も見たかった演出(液晶に初代のリールが写る感じの演出)だけ、見ることができず…

他の上乗せ特化演出は全て見ました。

実は、人生で2番目の出玉でもあります。

だけど、なんなんでしょうか、この悲しい感じは…

約2800ゲームの押し順ナビによるAT消化作業…

私が感じたことを下記に列挙します。


●AT機仕様
シーマスターを名乗るなら、できるならば、ノーマル機で出して欲しかったなぁ…

●演出関連
フグのアンディーが、しゃべってました(ビックリ)。
リプレイ以外にも対応になってました(これまたビックリ)。
その他も色々ありますが、このくらいでお許しください。

●プレミア演出関連
説明書に書いてある一番すごい上乗せ演出が実際に起こった時に、スープラの音楽が流れたのですが、この音が大きすぎる感じがしました。
できるなら、初代の電子音のような味のあるサウンドをそのまま使った方が、おじさん世代はうれしいよ。

●サウンド
AT中の音楽は、全部で4種類あるようでした。
そのうち、3種類は歌詞付きの歌です。
おじさんは、当然初代のビッグ中の小役ゲームやジャックゲームの音楽が流れるものと思ってたのに…
全く流れないなんて…
初代のサウンドは私の相当のお気に入り。
なんで、あのサウンドを全く使わないんだろう?と正直に思いました。

●リーチ目
上乗せ演出で、初代のリールの演出が見られれば、液晶上にリーチ目とかでるのかなぁ?
見られなくて残念。
というか、初代のリールの演出をプレミア演出にしてほしかったなぁ…



【総括】

初代を知っている人から見ると、初代とは全くの別物であると感じます。

もうちょっと、リールにも力を入れて開発して欲しいなぁなんて思いますが、AT機なしでは、既に成り立たない業界になってしまっているのかもしれませんね。

メーカーさんの開発部署も、液晶ありき、ATありきになってしまってるのかなぁなんて思います。

私のブログ内に初代のシーマスターのリーチ目を掲載してるので、この記事と見比べてみてください。

これで、五号機打った回数は計5回ですが、もうおなか一杯。
恐らく、もう打ちません。

シーマスター2に限ったことではないですが、AT機は通常時が退屈で、AT中も退屈。
レバーON毎に楽しみたいのだよ、おじさんは。
普段と異なるリール制御だったら、『チャンス』ではなく、リーチ目であって欲しいのだよ、おじさんは。

Aタイプの台にしても、ボーナス成立を告知されてしまう台が多すぎ。
リーチ目でボーナス成立を察知させてくれよ?楽しみを奪わないでくれ!
成立フラグを最大限引きこまなければいけない?勘弁してくれよ、『やっぱりREGね』とかいらん。
ボーナスの払い出し枚数が固定というのも、とてもつまらないよ?ボーナス中の緊張感ゼロでおもろくない。
演出なしで出るリーチ目の方が気持ちいいのだよ、おじさんは。
激アツって何?ホントに激アツなの?演出がやかましくなって何も無しなんて事が多すぎ。激アツとは、タロットマスターの左リールに青7がズル滑りしてきたときのようなことを指すのだと思うよ、おじさんは。

いつからこんな感じになっちゃったんでしょうか…





この記事が面白いと思われた方は、
クリックお願いします↓
にほんブログ村 スロットブログ オヤジスロッターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/04/11 (Sat) 21:16

       ヘ⌒ヽフ ヘッブシュン!
      (  >ω<)・:;;:;";:;
      / ~つ )っ~
    まだ花粉が・・・


    シーマスター大漁勝利おめでとうございます?
    って言えないです。

    枚数は派手でも打ってる時間拷問だったと思います。
    まして、初代シーマスターを詳しく知っているなら尚更・・・


    σ(゚Д゚*)は打っていませんが初代の面影がないのは立ち見でわかりました。

    初代シーマスターも賛否両論で決してみんなの歴代名機種に選ばれるような機種ではないてますが、テトラリール初挑戦した山佐

    きっくん、アンディなどといった素晴らしいキャラクター

    高音回転、サウンドどれも本当に好きでした。


    これを作って初代シーマスターを作った人たちに申し訳ない気持ちってないんですかね?

    売れればなんでもいいっと思って出してますよね?

    出せば金を落とすっと思って作っていたら潰れる社会ですよ?

    全て規制のせいにしてはいけません。
    メーカーも考えてほしいもんです。


    公園さんレポートお疲れ様です。
    貴重なご意見ありがとうございます。
    私も僭越ですが、同意見です(`・ω・´)

    バルザック状態ver #- | URL | 編集
  • 2015/04/11 (Sat) 23:39
    Re: タイトルなし

    バルザックさん

    こんばんは(^O^)/
    花粉大丈夫ですか?
    スギ花粉の季節が終わり、今はヒノキ花粉ですねぇ。
    私はスギ花粉のみなので、もう、へっちゃらです(*^^)v

    初代シーマスターは、確かにメインリールの制御は普通(テトラリールにチカラを入れすぎたのかな?)で、皆が名機とは認めない部分もあると思いますが、サウンドが好きで打ってしまう、私にとっては、そういう台です。
    メインリールとテトラリールの絡みがいまいちな部分も確かにありましたが、その後のテトラ機の進化の過程では、とても意義のある台だったと思います。

    あの頃はメーカーが切磋琢磨して新しいアイデアを出していた良き時代だったのかもしれません。

    五号機のシーマスター2を製作する際に、初代のシーマスターの開発に携わった人が恐らくいないのかもしれませんね。

    メーカーさんにも頑張ってほしいです。
    似たり寄ったりの台ばかり出していると、後々自分の首を絞めるようなことになってしまうと思います。
    パチスロを開発などしたことがない私がこんなことを言ったら『生意気言うな』って言われてしまうかもしれないですけど、パチスロの面白さについては私は語れます。
    どうか面白い台をお作りいただけますように。そして、現在パチスロの開発に携わっている誰かに、この記事をみてもらえますように(まず見ませんがね)。

    一方で、打ち手側も、AT機に慣れきってしまっていると思います。
    疑似ボーナスで7を揃えて、その出玉で100G回せないなんて…
    打ち手側も相当きついのではないでしょうか?
    バルザックさんが以前おっしゃっていた『五号機はハイリスク・ローリターン』であるということを実際に打ってみて納得しました。

    私はホールではもう打たないつもりなので関係ないかもしれませんが、パチスロの今後がとても心配になった今日この頃です。

    kouenburabura #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。